病院との並行受診 | 市川市の南行徳ひびき整骨院

市川市,南行徳,交通事故治療,整骨院


市川市,南行徳,交通事故治療,整骨院


市川市,南行徳,交通事故治療,整骨院


市川市,南行徳,交通事故治療,整骨院


市川市,南行徳,交通事故治療,整骨院


市川市,南行徳,交通事故治療,整骨院


市川市の南行徳ひびき整骨院では、交通事故の治療で他の病院との並行受診も受け付けています。
交通事故での並行受診は、患者様自身の状態や場合によって出来たり、出来ないことがあります。

 

出来る場合は骨折や脱臼の怪我で整形外科などに受診してから、同意書をもらって整骨院に通院することです。
交通事故の怪我で担当保険会社に連絡をしてから通い、医師にも伝えた方がよいです。

 

出来ない場合は、同じ一部位での同時期の受診です。
殆どはこれになりますが、状態やケースによって特例があります。

 

整骨院は保険制度の一旦を担っている事自体が特例なことが多く、本来は整形外科の診察範囲のものを治療のサポートとして行っています。

 

整骨院と整形外科を並行受診すると、転院することで回復される患者が多いです。
整形外科の医師は整骨院に通うことを嫌う人も中にはいますが、全ての医師がそうではありません。

 

整形外科も利益を上げる必要があるため、患者が整骨院に取られるのが嫌なようです。
また、整骨院を併用して明らかに症状が改善したときには、整形外科として面目が立たないことも理由の一つです。

 

整形外科に2ヶ月ぐらい通っても症状の改善が見られないときは、転院も考えた方がよいです。
患者がどこで治療をして施術を受けるのは自由です。

 

整形外科や整骨院、保険会社にはそれぞれ立場があり、一般的には損保会社側の立場だと患者の通院回数には厳しいです。
綜合病院や大学病院では検査が主で通院頻度は大変少なく、個人経営の整形外科は薬物やリハビリを行い整骨院よりは通院頻度は少ないです。

 

整骨院は薬物などを使わない施術で通院頻度は最も多いのが特徴です。
市川市の南行徳ひびき整骨院では、整形外科と同時に並行して受診することも出来ます。

 

現在他の病院や整形外科に通院していても、整形外科と同時に並行して受診することが可能で転院も出来ます。
専門医に相談する方が患者さまにとっては、効果的な治療法が提案出来ます。

 

転院するときは保険会社の担当者にそのことと伝えるだけです。

交通事故によるむちうち改善、その他相談などのお問い合わせはコチラ

市川市,南行徳,交通事故治療,整骨院


市川市,南行徳,交通事故治療,整骨院


交通事故のトラブル・法律関係などは交通事故専門弁護士にご相談ください
市川市,南行徳,交通事故治療,整骨院


市川市,南行徳,交通事故治療,整骨院


市川市の交通事故・むちうち治療なら南行徳ひびき整骨院におまかせ!
市川市,南行徳,交通事故治療,整骨院


市川市,南行徳,交通事故治療,整骨院